プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2017年02月15日

「選択と集中」という唯一の選択肢


「地方消滅の罠~「増田レポート」と人口減少社会の正体」(山下祐介 ちくま新書)

「地方消滅」、いわゆる増田レポートについての批判本。

ここで筆者は
「選択と集中」という言葉に違和感を語る。

~~~以下一部引用してメモ

そもそも選択とは、
複数の中から選ぶものであり、
一つしか道がないのでは選択にならない。

国家の経済力を拡大・維持するために
人員を供給し続けたのがこの半世紀の家族の姿で
あったとするなら、これからもそれを続けるのか。

経済性や効率性で「地域」をとらえてよいのか。

そもそもこれまでやってきた
国の政策という「選択と集中」は
うまくいってきたのか?

そういう一律的基準による画一的集中化が
東京一極集中をもたらしているのではないか。

「選択と集中」論は、
「選択と集中」を選択するように要請する。

経済的に自立している人とは、
たとえ天地がひっくり返っても自分の才覚で
生産し、社会に貢献できる人だ。

このたしかな絆の連鎖を
経済効率のために崩しすぎてきたようだ。

~~~ここまで一部引用してメモ

うんうん。
たしかに。

「選択と集中」という言葉によって、
「選択と集中」という選択肢しかないように思わされる。

前提を疑う。

これが大切だ。

「選択と集中」以外の道があるのではないか。
そんな問いかけ。

そこには、
幸せとは何か?
働くとは何か?

そんな根源的な問いから始まっていく未来があるように思う。

同じカテゴリー()の記事画像
越境する窓としての本と、ドアとしての本屋
本屋というメディアをつくる
メディアの力とは予言の自己実現能力のこと
テクノロジーの使い方
次の作品の話をしよう
キカクのうまれかたはWHYのうまれかた
同じカテゴリー()の記事
 越境する窓としての本と、ドアとしての本屋 (2017-11-21 08:18)
 本屋というメディアをつくる (2017-11-20 08:28)
 メディアの力とは予言の自己実現能力のこと (2017-11-17 08:27)
 テクノロジーの使い方 (2017-11-15 08:17)
 次の作品の話をしよう (2017-11-14 09:12)
 キカクのうまれかたはWHYのうまれかた (2017-11-11 07:37)

Posted by ニシダタクジ at 08:44│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。