プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年02月09日

縁に生きる

NPO法人「人と地域の研究所」理事長
松永健二さん。
元高知大学副学長。

出会ってしまった。
南の風社代表、細迫さんに。

その後、高知大学での様々な
先進的な取り組みを支える存在となる。

そしていま。
「NPOを作るのだけど、理事にならないか?」
と言われて、来てみたら、理事長だった。
そんなことを笑っていう松永さんに、吸い込まれそうになった。

「縁に生きる。」

そんな言葉をあらためて
思い出させてくれた。

そして、そこまでの巻き込み力に
あらためて細迫さんの魅力を実感。

僕もそれくらいの巻き込み力のある男になりたいです。
いいものを見せていただきました。

縁に生きる

同じカテゴリー()の記事画像
「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける
「屋台」のある街
ありえたかもしれない、もうひとつの近代
「ただいま」って言える場所
「伴奏型支援」
「自己開示する」と「自己開示させられる」のあいだ
同じカテゴリー()の記事
 「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける (2019-07-24 09:39)
 「屋台」のある街 (2019-05-19 08:19)
 ありえたかもしれない、もうひとつの近代 (2019-04-18 09:45)
 「ただいま」って言える場所 (2019-02-22 07:22)
 「伴奏型支援」 (2019-02-09 06:39)
 「自己開示する」と「自己開示させられる」のあいだ (2019-02-04 08:39)

Posted by ニシダタクジ at 05:09│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。