プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2012年03月24日

踊りの力、祭の力

能登剛史さん。
新潟総踊り祭総合プロデューサー。

10年前。
にいがた総おどりが始まったとき。
誰がこんな時代を想像できただろうか。

「生きること」とは何か?
根源から問われる時代。

能登さんは、
「生きる」を踊りで、祭で表現した。
祭とは祈りだと、最初から思いを込めた。

全国各地で話題となった
いわゆる「よさこい」ブームとは一線を画し、
新潟独自の「総踊り」スタイルを貫いた。

そして10年が過ぎた。
今や、新潟を代表する踊りの祭典。

踊りを目の前にすると、
「生きている」ことを感じる。

春のにいがた総おどり。

見るのではなく、一体感を、
祈りを感じたいあなたに贈る、
1日ボランティアスタッフ。
まだ若干名の空きがあるようです。

他県出身の大学生に特にオススメします。
西田まで、連絡をお願いします。

能登さんの魂に触れることができる
ボランティアスタッフに是非。

●募集定員:
[第1部]和の響きと踊りの力 50名
[第2部]特別公演 70名
●活動内容:
・祭運営に関わる部署のお手伝い
(参加チームの受付、グッズ販売、会場警備、進行補助など)
●活動時間
[第1部]和の響きと踊りの力 8:00~18:00
[第2部]特別公演 13:00~22:00

同じカテゴリー(イベント)の記事画像
参加のデザインとしてのイナカレッジ
やりたいことを決めることは価値を固定化すること
「越境」と「コモンズデザイン」と「オープンマインド」
「確かなもの」と「不確かなもの」
最終講義
勘違いから始まる「物語」のチカラ
同じカテゴリー(イベント)の記事
 参加のデザインとしてのイナカレッジ (2018-09-04 06:29)
 やりたいことを決めることは価値を固定化すること (2018-08-30 07:33)
 「越境」と「コモンズデザイン」と「オープンマインド」 (2018-07-28 06:06)
 「確かなもの」と「不確かなもの」 (2018-06-24 07:57)
 「コミュニティ」と「プロジェクト」のあいだ (2018-03-26 06:50)
 人生を「個人戦」から「チーム戦」にする (2018-03-24 09:10)

Posted by ニシダタクジ at 06:40│Comments(0)イベント
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。