プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年12月22日

1歩踏み出す曲、未来に拓いていく曲

空間をつくるもの。

・人
・モノ
そして
・音楽

ツルハシブックスのBGM。
同じCDがエンドレスでかかっている。
オープンから閉店までずっと。
エンドレスリピート。

中澤友希さん
http://yuukinakazawa.com/

1歩踏み出す曲、未来に拓いていく曲
「colorful」(販売価格¥1,800 ツルハシブックスで販売中)
1.まぁるい気持ち(colorful ver)
2.Orange Moon
3.森の声
4.雪桜
5.LIFE
6.十人十色
7.雨の踊り
8.虹

昨日は毎年恒例(3回目)のクリスマスピアノソロライブでした。
1歩踏み出す曲、未来に拓いていく曲

なんか、もう。
ドキドキしちゃって。

やっぱり僕は「十人十色」が
ツルハシブックスのテーマソングっぽくって大好き。
そして今回は最後の1曲
「かけら」(次回アルバムに収録予定)
にシビれちゃいました。

なんていうかな。
中澤友希さんの曲って
「いいんだよ」って言ってもらえてるような、
そんな気がするんですよね。

ファーストアルバム「Dear you」は特にそれを感じた。
「カラフル」のとき。1歩踏み出す感じがした。

それが最後の「かけら」はさ、
なんていうんだろう、
未来に拓いていくような、そんな1曲だったなあって。

でも、その前提には
「いいんだよ」っていう親和的承認というかさ、
そういうのがあって、
それをベースに、1歩歩きだしていこうみたいな、
未来へ進んでいこうっていう感じのそんな1曲だった。

ツルハシブックス空間に欠かせない音楽を
創ってくれている中澤友希さん、いつもありがとう。

昨日も素敵な空間でした。
ありがとう!
1歩踏み出す曲、未来に拓いていく曲

同じカテゴリー()の記事画像
学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる
ドリームチームのフリをしろ
信は力なり
「結節点」としての私と「わたしたち」
動的な屋号と空白のある地図
地域のためではなく、自分のために
同じカテゴリー()の記事
 学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる (2020-09-18 06:41)
 ドリームチームのフリをしろ (2020-09-13 07:46)
 信は力なり (2020-08-08 07:30)
 「結節点」としての私と「わたしたち」 (2020-07-24 08:11)
 動的な屋号と空白のある地図 (2020-06-14 09:22)
 「機会」を「問い」に換え、Whyに立ち返る。 (2020-06-05 07:58)

Posted by ニシダタクジ at 08:39│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。