プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2012年07月30日

才能を開花させるには

才能を開花させるには
内田樹さんの
「街場のメディア論」を電車の中で
読み直す。

やっぱりこの本の
キャリア教育論は必読。
就活に悩む大学生は、きっと読んだほうがいい。

P30から引用

~~~ここから

人間がその才能を開花させるのは、
「他人のため」に働くときだからです。
人の役に立ちたいと願うときにこそ、
人間の能力は伸びる。

それが「自分のしたいこと」であるかどうか、
自分の「適性」に合うことかどうか、
そんなことはどうだっていいんです。

とにかく「これ、やってください」と懇願されて、
他にやってくれそうな人がいないという状況で、
「しかたないなあ、私がやるしかないのか。」
という立場に立ち至ったときに、人間の能力は向上する。

ピンポイントで、他ならぬ私が、
余人を以ては代え難いものとして、
召喚されたという事実が人間を覚醒に導くのです。

~~~ここまで

なるほど。
ホント、そうなんだろうね。
天職って「呼ばれるもの」ですからね。

だから、才能を開花させるには、
「お役に立ちたい」と思えるような空間に身を置くこと
が最も近道なのだろうと思います。

「適性検査」「自己分析」よりも
貢献プロジェクトへの参加が、キャリア形成の
1歩になると思います。

この夏、福島復興の礎になりませんか?
8月20日~9月9日の3週間、
会津若松で、情熱を燃やしませんか?

残り枠はあと2名です。
お早めにご相談下さい。

才能を開花させるには

同じカテゴリー(就職)の記事画像
コナトゥスを意識する
「就活」と「手紙」
コードネーム「耳をすませば」
「早く進路を決めろ」という呪縛
「機能」としてでなく、「人間」として就職する。
企業も、乗り物
同じカテゴリー(就職)の記事
 やりがいは何か?という愚問 (2020-09-07 06:24)
 コナトゥスを意識する (2019-03-14 16:46)
 「就活」と「手紙」 (2019-01-14 08:21)
 コードネーム「耳をすませば」 (2019-01-13 09:08)
 「就活」というフレームワーク (2018-12-19 07:03)
 「有用かどうか?」という思考の罠 (2018-10-07 11:02)

Posted by ニシダタクジ at 08:23│Comments(0)就職
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。