プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2011年10月08日

SANCTUARY

売れました。
SANCTUARY。
大学2年生に。

この本売れるとうれしいですね。
10年以上前、僕は電車の中で読んでいて、
泣いてしまったこの本。

名コピー
「僕が市長なら、成人式にこの本を贈るだろう。」
を生み出した本。

この本を読んで、
「おれもこんな仲間と仕事がしたい。」
と心から思った。

いま、だんだんと近づいている。
俺たちのSANCTUARYを一緒に創ろう。

同じカテゴリー()の記事画像
「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」
ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。
ベクトルとして存在を許されるカフェという場
なぜ、若者は「地域」を目指すのか?
「好き」をベースに差異を理解し、チームのWHYをチューニングする。
二元論ではなく内包する
同じカテゴリー()の記事
 それは「本屋」かもしれない (2020-11-04 07:20)
 「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」 (2020-10-25 07:57)
 ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。 (2020-10-17 09:56)
 ベクトルとして存在を許されるカフェという場 (2020-10-15 06:21)
 なぜ、若者は「地域」を目指すのか? (2020-10-07 07:41)
 「好き」をベースに差異を理解し、チームのWHYをチューニングする。 (2020-10-04 08:27)

Posted by ニシダタクジ at 06:44│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。