プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2011年11月18日

ブランド

ブランドとは、目に見えないもの。
価値を可視化できないもの。

「なんとなく、好き」
「よくわからないけど、好き。」

これがブランドなのだそうだ。
(応援される企業の時代 博報堂ブランドデザイン)

明確なピジョン、物語性、明確なシンボル、神秘性、特徴的な儀式。
これが、宗教と熱狂的ブランドが、持ち合わせているもの。

なるほど、と思った。
ハーレー・ダビッドソンのバイクに乗るときの
本人の喜びは、本人以外にはわからないし、
わかる必要もない。

かつて、
日本でブランドと言えば、
欧米の高級なバッグやスーツだった。

それは、
「ブランド=高級」という、
貨幣価値を基本としたブランドだったように思う。

いま。
ふたたびブランドの時代。
いや、本物のブランドの時代。

熱狂的なファンを持つラーメン屋。
こういうブランドだ。

僕の大好きなラーメン「いっとうや」は
もはや、僕の中でラーメン屋ではない。

ラーメンを食べる、
という体験を売っているのだと思う。

ラーメン屋なのに、居酒屋以上の
キメの細かい生ビールを出してくれたり、
メニューの端に小さく書かれた
「小さなお子様が近くにいるときには禁煙にご協力下さい」の文字に、
心が揺さぶられるのだ。

神は細部に宿る。
そしてそれが熱狂的なブランドを呼ぶ。

ひとつひとつのていねいさ。
ひとりひとりへの愛。
ここから全てがはじまっていく。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する
「一回性」と「シェア」と「神話」
「場」に委ね、「学び」を待つ
「学び続ける」から「まなびはつづく」へ
何のための教育魅力化か?
「存在」は創造のエッジにある
同じカテゴリー(日記)の記事
 「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する (2020-11-25 08:17)
 「一回性」と「シェア」と「神話」 (2020-11-24 07:57)
 探究的に遊ぶ (2020-11-21 08:19)
 「場」に委ね、「学び」を待つ (2020-11-18 07:20)
 「学び続ける」から「まなびはつづく」へ (2020-11-16 08:28)
 何のための教育魅力化か? (2020-11-14 09:48)

Posted by ニシダタクジ at 07:31│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。