プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2013年06月15日

本屋には新しい人生が転がっている

本屋には、新しい人生が転がっている。

2009年。
ホスピタルクラウンの在庫60冊で
スタートした本屋さんの名前。

小さなかわいらしいトランクでスタート。

坪数0.02坪(約20㎝×30㎝)
収容本数:8冊
取扱い書籍:ホスピタルクラウン(サンクチュアリ出版)のみ

そう。
出版社から本を買い切れば、
誰でも新刊書店になれるのです。

ホスピタルクラウン。
僕の中では人生を動かした1冊。
著者、大棟耕介さんは目標とする人物です。

「天職は選ぶものではなく、たどり着くものだと、教えてくれる」

これが当時、書いていたPOP

こうやって僕は本屋さんになった。

コンセプトは
「本屋には、新しい人生が転がっている」

僕の人生も本との出会いによって大きく動いてきた。

そう。
本屋さんは「人生を変える機会」にあふれている。

「機会」
たまたま、偶然、・・・

これを提供するのが本屋さんの役割なのだと思う。

そこには、人間の勘、というか感性が大きく関わってくる。

たまに聞く
「本に呼ばれる」ということだ。

本屋さんを歩いていると、本が自分を呼んでくることがある。
「この本をいま、読むべきだ」と誘われることがある。

それが本屋さんの醍醐味だ。

究極の機会提供。
その先、どうなるかはその人次第だ。
でも、思いを込めて、本屋さんは本を並べる。

本屋さんは人生を変える「機会」を売っているのだなあ。

クランボルツ博士の「計画された偶発性理論」
・・・キャリアは、偶然の積み重ねだ
それをもっとも体現するのが本屋さんなのかも。

やっぱり素敵な仕事だ。

本屋さんには、今日も、新しい人生が転がっています。

同じカテゴリー()の記事画像
リスペクトとパートナーシップ
「共感」、「共有」、「共振」が起こる本屋
天職は、「たどりつく」もの
「ワークショップ」ってなに?
「新しい」に価値はあるのか?
発酵人であるということ
同じカテゴリー()の記事
 リスペクトとパートナーシップ (2017-10-14 08:54)
 「共感」、「共有」、「共振」が起こる本屋 (2017-10-12 08:10)
 天職は、「たどりつく」もの (2017-10-05 08:23)
 本屋ゼミ、始めます (2017-09-27 08:18)
 「ワークショップ」ってなに? (2017-08-30 07:37)
 「新しい」に価値はあるのか? (2017-08-11 08:52)

Posted by ニシダタクジ at 06:22│Comments(0)
この記事へのトラックバック
新潟市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/15 09:16)【ケノーベル エージェント】at 2013年06月15日 09:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。