プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 37人
オーナーへメッセージ

2013年09月13日

ナリワイ時代

ナリワイ時代
「ナリワイをつくる」の伊藤さんにお会いしてきました。

サインももらいました!
ナリワイ時代

とにかくこの本、キーワードに
あふれていて、付箋が足りません。

一例を~~~ここから引用

なんでもこれ一本で飯が食えて一人前、
という現代社会の常識に捉われると、
この面白さは消えてしまう

そもそも起業の起源を考えてみれば、
皆がやるのが面倒なことを誰かがやってくれたら
ありがたいなあということを
やる気のある人が担当してきた、ということだ。

そもそも現代社会にはナリワイのネタは無限にある。
なぜなら、世の中が矛盾だらけだからだ。

~~~ここまで。

いやあ、いいでしょう。
世の中が生きづらい根本原因は
「専業社会」にかなりのウエイトがある。

しかもその専業社会のメリットは、
作業効率性、生産性だけだとしたら、
もはや、そのメリットが生きる会社は少ない。

高度に分業化された
東京という街では、
スキマやニッチな専業で生きていく
というところまで行った。

しかもそれは、
生活コストが高いから、という理由から
専業(たくさん稼ぐ)になっているともいえる。

それは豊かなのか?

という根本的な問いかけを
「ナリワイをつくる」が問いかける。

専業からナリワイへ。
間違いなく、時代はそちらに流れている。

ワークライフバランスではなく
ワークワークバランス。

ワクワクできる、仕事バランス、始めませんか?

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「越境」して「異文化」と出会う
風とゆききし、雲からエネルギーをとれ
消滅可能性都市⇒コモンズ再生可能性都市
「存在」と「学び」の出発点としての被贈与
「自分」という共有財産
「やらされ感」の正体
同じカテゴリー(日記)の記事
 「越境」して「異文化」と出会う (2021-03-01 08:09)
 「自分らしさ」は、原因ではなく結果 (2021-02-22 06:53)
 風とゆききし、雲からエネルギーをとれ (2021-02-21 06:46)
 消滅可能性都市⇒コモンズ再生可能性都市 (2021-02-15 08:25)
 「学びの手段化」からの解放 (2021-02-10 08:26)
 「過程」としての学びと「手段」としての学び (2021-02-09 08:34)

Posted by ニシダタクジ at 05:41│Comments(0)日記
この記事へのトラックバック
新潟市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/13 09:16)【ケノーベル エージェント】at 2013年09月13日 09:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。