プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2016年07月07日

クリエイティブであること

クリエイティブであること
「物欲なき世界」(菅付雅信 平凡社)

アメリカ西海岸オレゴン州の都市・ポートランドが熱い、らしい。
いまさらか、みたいなツッコミを受けるかもしれない。
人口は60万程度。

しかし
2013年度全米で最も住みたい都市ランキングで
1位を獲得。

市内には「ブルーボトルコーヒー」のような
サードウェーブコーヒーが60軒、
クラフトビールの醸造所やワイナリーが
ひしめくオシャレなまちだ。

ポートランドに住人に言わせれば、
「ブルーボトル?いまさらか?
ポートランドは10年も前からコーヒーだって「クラフト」だよ。

いわゆる「小商い」が盛んで、
独立志向が強いのだという。

面白かったのはココ。

~~~以下引用

気をつけないといけないのは、
クリエイティヴに携わる人にとって、
この街が最適ではないということだよ。

自然豊かな都市で、
インディペンデントな文化もあるし、
たくさん若者やクリエイターがやってくる。

けれどクリエイティヴにとって
大切なことは、現状に満足せず
常に変化し続けて、競争に負けないようにすること。

例えば、
ニューヨークには、世界中から優秀なクリエイターが
集まっている。

自分より優秀な人間に勝つために
リラックスはしていられない。

全クリエイターがそう考えているから、
他の人より、少しでも良いものを作ろうとし、
結果的に最高のクリエイティヴがニューヨークで生まれる。

その反面、
自然豊かなポートランドの美しさは、
競争に打ち勝つエッジを際立たせはしない。

ポートランドは快適すぎるんだね。
だからバランスを取ることが大事だと思う。
今いる場所に依存しないためにも、
旅をすることはすごく大事。

自分の知らない世界を見て謙虚になれるからね。
クリエイティヴであるには、
常に動いていないといけないんだ。

(ワイデン+ケネディのクリエイティヴディレクターを長年務めたジョン・ジェイ氏の言葉)
~~~以上引用

なるほどね。
クリエイターってそういうことなんだろうな、って。

ここでいう「競争」っていうのは、
世間の評価ではなくて、

職人的な、「いいもの、つくったな」
というか、いい作品、できたな、みたいなものなのだろうな。

クリエイティヴであること。
旅をすること。
謙虚であること。

ここ1年の葛藤が文字化されたような
1冊ですね。

まだまだ読み進めます。

同じカテゴリー()の記事画像
チームになるとは、「問い」を共有すること
「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」
ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。
ベクトルとして存在を許されるカフェという場
なぜ、若者は「地域」を目指すのか?
「好き」をベースに差異を理解し、チームのWHYをチューニングする。
同じカテゴリー()の記事
 「効率化」以外の解決策はないのか? (2020-11-28 07:59)
 チームになるとは、「問い」を共有すること (2020-11-27 09:43)
 それは「本屋」かもしれない (2020-11-04 07:20)
 「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」 (2020-10-25 07:57)
 ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。 (2020-10-17 09:56)
 ベクトルとして存在を許されるカフェという場 (2020-10-15 06:21)

Posted by ニシダタクジ at 08:14│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。