プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2016年07月26日

価値観を揺さぶられる場に身を置く

二晩経って。

ジュニア・エコノミー・カレッジが
じわじわ来る。

おそらく参加大学生たちも
何かがじわじわ来ているだろう。

おそらくそれは、
「自分で決める」ということのむずかしさと、

そこに向かう
商工会議所青年部の後ろ姿
だったのかもしれない。

彼らをそこまで熱くさせるものは何か?

ちなみに僕がやった振り返りのメモ。

・小学校5.6年生のどのようにコミュニケーションしてもらうか?
⇒コミュニケーションデザインの登竜門

・教えないで教える⇒教える人と教えられる人を分けないということ。
⇒ジュニエコに「先生」はいない。

・すぐにペン書きしちゃう度胸
⇒人生に下書きはない。最初から油性ペン。

・学ぼうと思ってきていないのに気がついたら学んでた。
⇒振り返ることの重要性

ジュニエコは5,6年生対象だし、この瞬間は2度と来ないと実感できる。
⇒一期一会の体感ができる場

青年部の熱意が伝わってくる。
⇒地域で商売をやるという誇りが感じられる企画

~~~ここまでメモ

「未来」がある。
そう思った。

僕が思う「未来」を表すキーワードにあふれている、
そう思った。

コミュニケーションデザイン、キャリアドリフト、ふりかえり、
一期一会、そして誇り

そして何より、
教える人と教わる人を分けない。
「ともに学ぶ」という空間。
それがジュニエコだったんじゃないか。

大学生にとって、
もっとも大切なことは、
価値観を揺さぶられる場に身を置く、
ということなのではないか。

今まで自分が生きてきた社会、
とくに経済至上主義、
それに並行する学歴至上主義あるいは東京至上主義。

「グローバリズム」
とは、単一の価値観(経済)で世界を染めていくことだ。

でも。
地域には、それだけじゃない「価値」がたしかにある。

青年部のみなさんが
休日を何日もつぶして、
ジュニエコに取り組んでいるのはなぜだろうか?

そんな問いに挑んでみる大学1年生の夏休みも素敵だなあと思う。

価値観を揺さぶられる場に身を置く

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する
「一回性」と「シェア」と「神話」
「場」に委ね、「学び」を待つ
「学び続ける」から「まなびはつづく」へ
何のための教育魅力化か?
「存在」は創造のエッジにある
同じカテゴリー(日記)の記事
 「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する (2020-11-25 08:17)
 「一回性」と「シェア」と「神話」 (2020-11-24 07:57)
 探究的に遊ぶ (2020-11-21 08:19)
 「場」に委ね、「学び」を待つ (2020-11-18 07:20)
 「学び続ける」から「まなびはつづく」へ (2020-11-16 08:28)
 何のための教育魅力化か? (2020-11-14 09:48)

Posted by ニシダタクジ at 05:14│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。