プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2019年02月14日

プロジェクトと自分の関係

2月10日の「OMO Niigata」のプレゼン。

いかに自分を掘っていけるか、
そしてそれを面白がれるか、
でプレゼンの共感度が変わるんだと実感した。

昨日は、電車の中で
プロジェクトと自分の関係
「beの肩書き」(兼松佳宏 グリーンズ)
を読みつつ、

午後は、「マイプロ」
https://my-pro.me/
の話を聞いた。

そのプロジェクトは、
自らの中にあるどんな経験から始まっているのか?
なぜ、そう思うのか?
を受講生と一緒に考えていくというスタイル。

「自己開示」を促す
場の力の高め方がすごいなと思った。
(しかも東京のオフィスで)

そして今日はふたたび
「beの肩書き」を読み直す。

僕も2018年頭にやってみたのだけど。

その際のワークレシピはこちら
https://medium.com/be%E3%81%AE%E8%82%A9%E6%9B%B8%E3%81%8D-%E6%8E%A2%E7%A9%B6%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89/be-for-new-year-7c1122061824

これ、問いが素敵だなあと。
よく生きるってなんだろう?
って考えさせられる。

「beの肩書きインタビュー」

5つの質問

1 自分では当たり前でも、2人以上の人から「すごいね」と言われたことは?

旅行プランを立てることかなあ。
食べログで素敵な店を探す方法とか。
アイデアだしたりとか。

2 こういう瞬間こそが幸せだなあと思うことは?

これは「場」を作りながら外から見ているとき。
(ワークショップの振り返りしているとき、とか)
あとは歴史ある食堂で常連の人たちと一緒にご飯食べているとき、とか。

3 時間が経つのも忘れるくらい、情熱を持って取り組んでいることは?

「違和感を解き明かす」っていうこと?
自分で問いを立てて、それに仮説を立てていく、みたいな。

4 何かに感動したときに、思わずやってしまいそうなことは?

ツイッターにつぶやく。
翌日ブログにする。

5 この人生でやっておきたいなあと思うことは?

本を残す。
素人でもやれる本屋の仕組みを残す。

ってまあ、こんな感じ。

兼松さんは大切なのは
「リフレーミング」だという。

これは心理学用語で
「無意識下の解釈の枠組み(フレーム)に気づき、
異なるとらえ方を通じて、新たな意味を構築すること」
のこと。

たしかに、
インタビューでの問いとか、他者との対話によって、
見方が変わることってある。

僕も、12月にとある募集の要項を記入していて、
「フラットな関係性をつくるコミュニケーション・デザイン」が得意だと認識したのだけど、
「続・ゆっくり、いそげ」によって、
それは、コミュニケーションデザインが得意なのではなくて、
「フラットじゃないコミュニケーション」の現場にいることが
何より耐えられなかったからだと気づいた。

それくらい、プロジェクトと自分っていうのは
非常に近いところにあるのだと。

それをどのように掘り下げていくか。
そしてそこに「場のチカラ」の力を借りるか。

そうやって、共感されるプロジェクトが
生まれていくのだろうなと思った。

プロジェクトメンバーのひとりとして、そこにいること。
場のチカラに貢献すること。
プロジェクトリーダーだけじゃなくて、
メンバーも自らのバックボーンに気づくこと。

そうやって生まれていくプロジェクト。

みんなのbeが合わさって、
ひとつのプロジェクトになっていくような、
そんな「場」を作りたいなあと思うのです。

同じカテゴリー()の記事画像
アイデンティティを保つ方法
「歴史」と「哲学」を身体化すること
ありえたかもしれない、もうひとつの近代
実験しないと分からない
船の行き先を知っているということ
「運命の人」という勘違い
同じカテゴリー()の記事
 アイデンティティを保つ方法 (2019-05-03 07:36)
 「歴史」と「哲学」を身体化すること (2019-05-01 06:49)
 ありえたかもしれない、もうひとつの近代 (2019-04-18 09:45)
 実験しないと分からない (2019-04-14 05:31)
 船の行き先を知っているということ (2019-04-11 18:44)
 「運命の人」という勘違い (2019-04-10 12:46)

Posted by ニシダタクジ at 06:42│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。