プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 28人
オーナーへメッセージ

2010年08月11日

プロ

「プロとはたったひとつのことを握り締めて
人生を疾走していく人のこと」
(「希望の仕事術」橘川幸夫 バジリコ出版)

アマチュアとは自分のテーマを持っていないこと
もしくは、テーマを掌でもてあそぶだけで
握り締めることができていない状態のことだ。
転生の才能だけで勝負できる人間など滅多にいない。
本当のプロになるには、走り続けるための長い時間が必要なのだ。

ひとつのことを握り締めて、
人生を疾走しよう。

同じカテゴリー()の記事画像
「やらされ感」の正体
「承認」不安とアイデンティティ
「なんとなく」シフトふたたび
アイデンティティデザインの時代
「場」とともにある「わたしたち」
全力投球するのではなく、「全力投球する自分」を演じる
同じカテゴリー()の記事
 「やらされ感」の正体 (2021-01-21 07:12)
 「承認」不安とアイデンティティ (2021-01-18 07:58)
 「なんとなく」シフトふたたび (2021-01-15 08:56)
 アイデンティティデザインの時代 (2021-01-13 08:22)
 「場」とともにある「わたしたち」 (2021-01-12 07:52)
 仕組まれた自由に誰も気づかずに (2021-01-05 07:24)

Posted by ニシダタクジ at 06:22│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。