プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2016年07月08日

強みに特化し、伸ばす。弱みはパートナーシップでカバーする。

センジュ出版の吉満さんから、
「あなたの強みは、発想力と巻き込み力。マネジメントは苦手」
「しっかりした誰かとペアでやったほうがいい。」
「そのほうが才能を活かしきれる。」

と助言いただく。
すごいなあ。さすが編集者だなあ。
素敵な出会いだったなあ。

先週、サンクチュアリ出版の金子さんに言われたのも、
同じような話だったのかもしれない。

「西田くんてさ、ほかのこともできると思ってるんじゃないの?」
「人を誘うことしか才能ないから。」
「そこだけを伸ばしていったらいいんじゃないの?」

たしかに。
そういえば。
言われてみれば。
人を誘うの得意だわ。

自分株式会社を経営する。
弱者の基本は、選択と集中。
強みに特化し、そこを伸ばす。
弱みはパートナーシップでカバーする。

組織とは、チームとは、パートナーシップとは、
そのためにあるのだ。

強みに集中すること。
40歳になってもできないことは、もうできないんだとあきらめること。

人生は、開花のプロセスであると同時に、
できないことを知るプロセスでもある。

選択と集中。
そういう時期を迎えているんだな。

ツルハシブックス
まきどき村
コメタク
暗やみ本屋ハックツ

素敵なパートナーたちに感謝します。
これからもよろしくお願いします。

同じカテゴリー(言葉)の記事画像
ソフトとしての本屋
「共鳴」から始まるプロジェクト
「チューニング」から始まる。
その点は、角か桂馬か
「営み」に会いたくなる旅
逢着(ほうちゃく)
同じカテゴリー(言葉)の記事
 「予測不可能」という価値 (2018-05-23 10:20)
 「サードプレイス」から「アナザー・バリュー・スペース」へ (2018-02-28 08:12)
 ソフトとしての本屋 (2018-02-18 09:49)
 「どうぐや」になる (2018-01-03 06:21)
 小さなゆうびんせん (2017-07-19 08:03)
 「共鳴」から始まるプロジェクト (2017-06-17 06:30)

Posted by ニシダタクジ at 06:13│Comments(0)言葉
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。