プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

2008年06月11日

一生懸命やる子しか使わない

弥彦酒造の専務、大井さんはミニバスのコーチをしている。
「ウチの子を試合に出してほしい」なんていわれることも多い。

そんなとき。
明確な基準がある。

休まない
サボらない
必死に練習する
他人のことを思いやる

それが試合にでるための条件だという。

「ウチの子のほうが上手だと思うのですが・・・」
などという要望は一蹴。
「一生懸命やる子しか、試合では使わない。」

「だから、ウチのチームは弱いですよ。」
なんて笑ってた。

中学校に行けば、実力の世界が待っている。
小学校のときは、「一生懸命やる」が基準になっていいんじゃないか。

上手にやることではなく、
一生懸命やることに価値がある。

そんな指導者に出会えた子ども達は幸運だ。

☆今日のひとこと☆
大阪から中村が決意新たに帰ってきました。
いい顔になっていました。
助走は終わりだ。
ダッシュあるのみ。

同じカテゴリー(言葉)の記事画像
「ギャップ萌え人材」の育成
「百姓」をアップデートする
「挑戦」するな、「実験」せよ
「余白」とは、境界をあいまいにして「委ねる」こと
「自分に自信がない」の「自分」って何だ?
ソフトとしての本屋
同じカテゴリー(言葉)の記事
 「ギャップ萌え人材」の育成 (2019-11-08 07:49)
 「百姓」をアップデートする (2019-07-25 07:43)
 「挑戦」するな、「実験」せよ (2018-11-07 16:45)
 「余白」とは、境界をあいまいにして「委ねる」こと (2018-10-29 06:52)
 「自分に自信がない」の「自分」って何だ? (2018-08-31 09:38)
 「予測不可能」という価値 (2018-05-23 10:20)

Posted by ニシダタクジ at 05:41│Comments(0)言葉
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。