プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年12月22日

20代のあなたが「茨城」に来るべき理由

20代のあなたが茨城に来るべき理由。

「仕事」「働き方・生き方」「場づくり」「地域づくり」
のテーマで考えたとき、
茨城には学ぶべきものがたくさんあります。

この1年間で僕は素敵な場所、人、会社、空間に出会った。

その中でも5つあげるとすれば、

1 岡倉天心美術館・六角堂
2 常陸太田市・里美地区
3 木内酒造
4 サザコーヒー
5 ファミレス坂東太郎グループ

この5つの場所・地域・会社は
20代がこれからの生き方を考える上で、
大きな学びがあると思う。

1 岡倉天心美術館・六角堂
「西洋化」一辺倒だった時代に、
それだけじゃないんじゃないか?
東洋にもいいものがあるんじゃないか?と問いかけた一生は熱いです。

2 常陸太田市・里美地区
地域の住む人たちの誇りと愛がすごい。
幸せとはなにか?問いかけてきます。

「幸せとは何か?」
「朝、洗濯物がきれいに干せたことだ」
あの名言は忘れません。

3 木内酒造
茨城が誇る日本のクラフトビールトップメーカー。
まず、世界に売り、そのあと作ったレストランが
「そばダイニング」っていうのが熱い。
ビール麦の契約農家さんにそばを裏作でつくってもらって、
それを全量買い上げているという

「本業を通じた社会貢献」という
CSRのあるべき姿を見せてくれます。

4 サザコーヒー
茨城が誇るコーヒーメーカー。
南米に契約農家を持つという豆づくりから取り組む姿勢はすてきです。

なんといっても勝田駅の近くにある
サザコーヒー本店の空間がすごい。
あそこでコーヒーを飲む至福のひととき。
場づくりを考えさせられます。

5 坂東太郎グループ

ファミレスでありながら、逆張りの発想で、
手間をかけ、キッチンを見せ、客単価を上げる、
というコミュニケーションするファミレス。

創業40年間で閉店した店舗はわずか1店舗
という驚異のリピーター率を誇る。

家族連れに愛されるレストランは、
「価値」とは何か?、問いかけてくる。

以上5つを回るツアーとかあったら、
いいのかもしれないね。
途中、参加者同士のワークショップとかいれて。

うーむ。
そういうツアーを売るのはいいかもしれませんね。  

Posted by ニシダタクジ at 07:51Comments(0)学び