プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

2013年12月15日

巻き込まれちゃうモデル

巻き込まれちゃうモデルをいかにつくれるか。
ここにかかっている。
金沢のモデルはすごいなあと思った。

たとえば、こうやって登っていくのだ。

1 「想いのある」合コン的イベント 例:東原野菜をみんなで調理しよう
2 部活のような定期的活動    例:東原の畑を手伝おう
3 講師型勉強会         例:東原の活動について学ぼう
4 ワークショップ          例:東原の未来を語ろう
5 プロジェクト            例:東原でインターンして企画を立ち上げる

みたいな。
この1と2を如何に広げていくか?
ここが鍵だ。

そうしないとかならず、
学年格差が生まれ、引き継ぎができず、
想いのある学年だけがうまくいく。

金沢は、1も2も3も4も5も
学生が主体となって、
「仲間をつくる」的な雰囲気で
出来ているから、それが魅力となって
連鎖的に若者が入ってくる。

もちろん、そのピラミッドを登っていける学生は
そんなに多くはないのだろうけど、
そこは割合の問題だから、
その中から何人かは登ってくる。

僕たちのところは
いま、1のところでいけばツルハシブックスという場としての入り口と
ワークショップとプロジェクトはあるけど、

2と3がゴッソリ抜けているから、
うまく登っていけないのだろうなあ。

にいがたモデル、創らないとね。
「巻き込まれちゃうモデル」つくります。

同じカテゴリー(思い)の記事画像
「結節点」としての私と「わたしたち」
伽藍を捨ててバザールに向かえ
人生は経営であると伝えること
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
同じカテゴリー(思い)の記事
 「結節点」としての私と「わたしたち」 (2020-07-24 08:11)
 伽藍を捨ててバザールに向かえ (2019-11-01 09:12)
 人生は経営であると伝えること (2019-08-18 07:58)
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)

Posted by ニシダタクジ at 06:36│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。