プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年08月18日

人に迷惑をかけてはいけない

「人に迷惑をかけてはいけません。」

何度となく、言われてきた言葉。
そして、周りの大人の言うことを
聞いてきた素直ないい子が
その呪縛に苦しんでいる。

「人に迷惑をかけること」
を極度に恐れる。

チャレンジしたいけど、
最後までやり切れる自信がないから、

「中途半端にやると、人に迷惑をかけるから、
最初からやらないほうがいいと思います。」

という結論になる。

それでは、いつ自信はつくのか?

チャレンジして、失敗して、人に迷惑をかけて、
学んで、再チャレンジするしか道はないと僕は思う。

「人に迷惑をかける」にも2種類がある。

悪意があって迷惑をかけるのと、
悪意がなくても結果、迷惑がかかってしまうこと。

全社はもちろんダメだが、
後者にいたっては、人生において
めちゃめちゃ起こりうることだ。

そもそも、
高校野球でタイムリーエラーをしたり、
サッカーでPKを外したりしたチームメイトを
誰か責める者がいるだろうか?

その失敗を認め、再出発していく。
それが人生だ。

「人に迷惑をかけたくないから」といって
新しいチャレンジをしないのは、
「人に迷惑をかけたくない」のではなくて、
人に迷惑をかけたという事実を
受け入れるときに自分がつらいから、逃げているだけだと思う。

新しいチャレンジをする。
そこに失敗はつきものだし、
人に迷惑をかけるものだ。

「人に迷惑をかけてはいけない」藩からは
いますぐに脱藩セヨ。

同じカテゴリー(思い)の記事画像
伽藍を捨ててバザールに向かえ
人生は経営であると伝えること
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。
同じカテゴリー(思い)の記事
 伽藍を捨ててバザールに向かえ (2019-11-01 09:12)
 人生は経営であると伝えること (2019-08-18 07:58)
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)
 違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。 (2018-02-23 08:21)

Posted by ニシダタクジ at 05:48│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。