プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

2010年01月08日

感動の道

僕のやる気のスイッチのひとつ。
クロスロードジェネレーションブック。

サンクチュアリ出版が
「クロスロード」という、有名人たちの名言集
の発売を記念して作った小冊子。

今を生きる20代の熱いメッセージが満載。

携帯電話が020とかから始まっていた時代。
熱く生きる20代がいた。

プロローグにはこう書いてある。

20代は人生の交差点だ
人生を左右する大きな分かれ道が僕らを待っている。

「必要な学校」にいるか「いらない学校」を出るか。
「好きな職場」をとるか「金になる職場」をとるか。
「嫌なら辞める」のか「嫌でも耐える」のか。

と続いていく。

全体を通して、書いている人たちの
「熱く生きたい」という想いが伝わってくる。

そう。
熱く生きたい。

小冊子はこう締めくくる。

結局のところ、どちらの道を選んだとしても
うまくいくか、いかないかは、やってみなければ誰にもわからない
それならば、安全な道よりは、感動の道を歩こう。
たった一度きりの人生だ。
自分にとってサイコーの人生を求めて挑戦し続けよう。

あなたの感動の道はどこにある?  

Posted by ニシダタクジ at 07:02Comments(0)学び