プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年01月02日

「求められる人材」「活躍する人材」

「これから何が起こるのか?」
(田坂広志 PHP研究所)
によると、

資本主義社会は3度目の大きな転換期にあるのだという。
「工業社会」から「情報社会」。
そして今「知識社会」へと大きな変化になる。

工業社会で「求められる人材」だったのは、
言われたとおりに行動できる人。マニュアルが読める人。
「活躍する人材」だったのは、
人々や数字をマネジメントする人。
いわゆる「オフィスワーカー」(事務労働者)

情報社会において「求められる人材」は
オフィスワーカー。
「活躍する人材」となったのは
法律や会計の専門知識を持っている人。
いわゆる「ナレッジワーカー」(知識労働者)

そして知識社会において、
「求められる人材」は
「ナレッジワーカー」。

つまり、資格を持っている人のことだ。
だから今、世の中は資格ブームとなっている。

それでは、知識社会においての活躍する人材とは?

「知的プロフェッショナル」だと田坂さんは言います。

それではナレッジワーカーと知的プロフェッショナルは何が違うのか?

1 プロフェッショナルは自分を労働者と思っていない
2 プロフェッショナルは自分を商品と思っていない
3 プロフェッショナルは自分の仕事を「作品」だと思っている
4 プロフェッショナルは目に見えない報酬を求めて仕事をする
5 プロフェッショナルは自分の個性を大切にした仕事をする

つまり、プロフェッショナルはナレッジワーカーと違い、
替えの利かない人材なのだ。

あなたが目指すのは、
ナレッジワーカーか、それとも知的プロフェッショナルか?  

Posted by ニシダタクジ at 07:17Comments(0)