プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2017年05月09日

いまこの瞬間と、その先にある未来に共感していること

プロジェクトデザインの相談をいただいた。
非営利プロジェクトをどう設計したらいいのか?
という問い。

経験からいけば、大切なのは、
1 「人」:誰と一緒にやるか。
2 「コンセプト」:そのプロジェクトはだれを幸せにするか。
3 「未来予想図」:その幸せにするプロセスをぐるぐる回していくと何が起こるのか。

そしてふたたび
1 「人」:その未来予想図の中に誰と一緒にいるのか。
ともどっていくのだろう。

1はメンバーであり、パートナー団体、あるいは個人になるだろう。
実はここが一番大切な気がする。
「この人と何かやってみたい。」
それこそが原動力な気がする。

武蔵新城のプロジェクトでも、
石井秀和さんがいたから、
始められる気がした。

そして何より、楽しいミーティング。
これに尽きる。

ミーティングの目的は、
もちろん何かを決定したり、議論することなのだろうけど、
それはメールやスカイプでもできるだろう、って。

実際、スカイプミーティングなどは
日常的にやられているだろう。

しかし、大切なのは4月23日のブログにも書いたけど
感性をチューニングすること。

参考:2017年4月23日
http://hero.niiblo.jp/e484576.html
「ミーティング」とは感性をチューニングすること

「感じ」から始まり、「感じ」で終わること。

そして、「安心空間をつくること」

参考:2013年4月27日
http://hero.niiblo.jp/e258809.html
会議を変えれば、世界が変わる

ミーティングの場を
誰でも発言してよい「安心空間」にすること。

そうやって、ミーティングの時間そのものを
「擬似的な居場所」にすることができるのかもしれない。

そうやって、ミーティングに安心空間をつくっていくことで、
ミーティングの場に行きたくなる⇒みんなに会いたくなる
というサイクルを回していく。

そのうちに
「コンセプト」と「未来予想図」
がチューニングされてくる。

それは、
言葉にすることが大切なのではなくて、
共有することが大切なのであって。

どちらかというと、
言語化される以外の要素のほうが大切な気がする。

いまこの瞬間と、その先にある未来に共感していること。
それがプロジェクトが進んでいく原動力かなあと思います。

僕自身が、楽しい問いをいただきました。
ありがとうございました。



同じカテゴリー(チーム)の記事画像
「チーム」とは、問いを共有する、ということ
同じ船に乗る
ツルハシブックス3rd
The time has come
サムライ研修と場のチカラ
同じカテゴリー(チーム)の記事
 「チーム」とは、問いを共有する、ということ (2017-06-08 08:22)
 「ミーティング」とは感性をチューニングすること (2017-04-23 06:33)
 ツルハシブックスが劇団になった日 (2016-12-24 18:40)
 「プロジェクト」という航海 (2016-09-06 06:17)
 同じ船に乗る (2016-08-25 06:06)
 ソフト化して、自由になる (2016-07-19 07:41)

Posted by ニシダタクジ at 05:33│Comments(0)チーム
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。