プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2011年12月02日

シャッターチャンス

笑顔の写真を
撮るのは難しいのだという。
その一瞬をタイミングよく
カメラに収める必要があるから。

東京から新潟の田舎のある町で
農業を少し手伝いながら地元の
祭に参加した大学生。

「笑顔の写真を撮ろう」
と思った。

そして、撮ってみて、自分の腕が
いつのまにか上達しているのを感じた。

「あれ、わたし写真撮るの上手になってる。」

そうではなかった。

地元のじいちゃんたちは、
いつカメラを向けても、
満面の笑みだった。
いい笑顔をしてた。

その笑顔の秘密は、
地域に生きる「誇り」だったのではないか、
と彼女は言った。

いい笑顔の写真が撮れすぎて、
「カメラ上達したんじゃないか!?」
と思わせるような、

そんなシャッターチャンスだらけの
地域社会を僕たちは創っていくのだ。  

Posted by ニシダタクジ at 00:33Comments(0)言葉