プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年07月02日

問うこと、哲学すること


「生命学をひらく」(森岡正博 トランスビュー 2005)

僕が大学生活で学んだことを一言で表現すると、
「農を通じた哲学」になるのだろう。

「環境問題をなんとかしたい」
と思って入学したその先には絶望が待っていた。
時、すでに遅し。
僕は大学に来た意味を失った。

2年生の終わりに、
同世代で活躍する人たちの姿に、
完全なる敗北を喫し、プライドが崩れ去った。

サークル「有機農業研究会STEP」の立ち上げ。
ここから僕の新しい人生が始まる。

自分で畑をやること
農家に話を聞きにいく
そして、本を読むことだった。

豊かさとは何か?
環境問題とは何か?
教育の目的とは何か?
自然とは何か?

という答えのない問いに挑んでいた。
それを「哲学する」と言うのかもしれない。

自然農の川口由一さんの何とも言えない雰囲気に圧倒されて、
「おっかけ」をやっていた。
全国どこでも川口さんの講演があると聞けば、飛んで行った。

そんな中で、「東京賢治の学校」(現:東京賢治シュタイナー学校)
に出会う。
そこでのイベントのひとつが冒頭の森岡正博さんの講演だった。

「生命学」というジャンルで、大学に立つ森岡さんは、
10年前書かれたこの本の中で、
いまの18歳~20歳は「何のために生まれてきたのかわからない」
と実感していると言います。

「生きる意味」そのものを失っている。

これが今である。
と言います。
しかしそれは、哲学の出発点であるし、宗教の出発点であります。

僕は、それは、
明治維新から始まるわずか150年の
「共通の目標」=富国強兵、殖産興業
(現在では「経済成長」ですが)

があったことによる、
「哲学」、「問い」の相対的重要性の低下
によると思っています。

共通の目標があったとき、
それが何より優先されて、
個人の哲学は軽視されます。

それがいま、共通の目標が失われ、
多様な価値観が叫ばれる中で、
人はアイデンティティの危機に立たされていると思います。

アイデンティティのベースとなる哲学がない。
このことは人を不安にさせます。

本書では、「宗教」と「国家」がその問いを問わせない
「目隠し装置」になっていると指摘します。

人は本来、哲学なくして生きられない。
哲学とは「いかに生きるか?」ということです。

きっとそれを問うために、
大学生活の4年間はあるのでしょう。
その問いを始めること。
それはきっと早いほうがいいのだろうなと思います。  

Posted by ニシダタクジ at 07:43Comments(0)